親権について深く知らない人が多い

離婚の時、ご夫婦が最も考える問題としてお子さんについての問題があります。お子さんがすでに成人されている場合、離婚ということになってもそれほど大きな問題になりませんが、お子さんが未成年の場合、親権問題を解決することが必要です。

どのような別れになるとしてもお子さんと離れたくない、親権をこちらに欲しいと考える親御さんがほとんどです。親権というのは未成年のお子さんの監護、養育ができる権利です。権利とされていますが、子供の利益を守るための決まりごとなので、義務と考える方がいいかと思います。離婚する場合も、親権がどちらになるのかという決め手は子供の利益になるかどうかということが最大のポイントとなるので、実は離婚の有責性があまり考慮されないということを理解しておかなければならないのです。

親側としては監護能力があるかどうか、精神的また経済的によい家庭環境を作れるのか、居住や教育問題、またお子さんに対して深い愛情を持っているのか、さらに実家の資産や親族の援助の可能性があるかどうか等が考慮されます。お子さん側としては年齢や性別、兄弟姉妹の関係性、心身はどの程度発育しているのか、さらに環境への適応状況はどうなのか、さらに年齢によりますが、お子さんの意向はどうなのか?父母やそのほか親族との結びつきはどうなのか等が考慮されます。

不貞行為があり離婚に至るという場合でその不貞行為をしたという人であっても、これまで主に育児を担当しその育児が愛情をもって放棄などの行動がない場合、またお子さんがこれまでの生活環境と変わらない生活を送る事が出来る時には不貞行為の当事者であっても親権を得られる可能性が高くなります

よく親権は母親が取る事が多いとされますが、お父さんとお子さんとの結びつきがお子さんと過ごす時間が長いお父さんである、子育てに母親よりも深くかかわっているという場合、お父さんに親権が行くこともあるのです。こうしたことを考慮し、親権を得るためにはどのような事が必要なのか、離婚の前から弁護士に相談することでしっかりとお子さんとの結びつきを決定づける行動をより多く積んでいくこともできます。不貞行為の当事者なんだから子供の親権がいくわけない!と勝手に思い込んでいると、離婚の際に辛い思いをする事にもつながるのです。